イ・ヨンベク / LEE Yongbaek

2006/4/16.sun−5/21.sun

Lee Yongbaek "Angel - Soldier"
イ・ヨンベク『天使−戦士』
about artist→


韓国の弘益大学で絵画を専攻したイ・ヨンベクはドイツ留学中に映像作品を制作し始めて、メディアシティソウル(2000年, 2002年)やヴェネチアビエンナーレ(2000年)などにモーフィング技術を使った映像インスタレーションやインタラクティブなメディア作品で高い評価を受けました。

今回のメイン作品「Angel-Soldier」は造花の花柄軍服にインターネットエクスプローラーのアイコンマークや美術界の巨匠の名前を刺繍した軍人たちをモチーフにした、写真と映像、そしてオブジェ作品です。「造花」「軍服」「ネット社会のアイコン」「アートの象徴」などが交錯して作り出されたこれらの作品は、静かでいてどこか狂気と危険を秘めているものです。(ちなみに作品のタイトル「天使−戦士」は韓国語でどちらも同じ発音の「チョンサ」)
彼の作品は韓国という徴兵制のある分断国家であり、高度に発達したネットワーク社会(人口の約8割がブロードバンド接続環境を持つ)であるという現状から生み出されてきたものですが、我々の現代社会が共通に持つ「断絶」や「情報社会における新たな人間関係」という問題をシミュレーション時代のシンボルを使って鮮やかに見せてくれています。
イ・ヨンベクは、ハイヴィジョンやロボティクス技術といった先端メディアテクノロジーを当たり前のように駆使しながら、タブーや常識を転覆させて新しい人間像、新しい文化の地平を模索しているアーティストです。

6年ぶりに開催されるイ・ヨンベクの個展は、2005年9月台北の關渡(Kuandu)美術館から始まり12月にはソウルのオルタナティブスペースLOOPへ巡回しました。本展はその日本展となります。

助成:韓国文化芸術委員会
協力:Alternative Space LOOP

top
back

Copyright (C) +Gallery 2003-2013 All rights resereved.