冨永奇昂 / TOMINAGA Kikou 


冨永奇昂 篆刻展

2014年12月20日(土) - 2015年1月31日(土) 11:00 - 23:00 日曜休

冨永は書道をモチーフに制作する作家であるが今回は篆刻(印)作品の出品です。
書道の世界ではまず使用する事の無い言葉であろう醜態、鬼畜、下僕、愚行と石に彫り込み、印影と共に石も展示。
変質された書の世界と空間が作りだされました。


展示風景


冨永奇昂(kikou)本名(佳秀)
1964 愛知県江南市生まれ
1987 名古屋芸術大学美術学部デザイン科卒業
東海書道芸術院 常任理事、昂書会 会主
主な展示等
2004
UNUSUAL COMBINATION, +Gallery, 愛知
“Jack!! +GalleryにのっとられたCASさえも”, CAS, 大阪。
2005
“Double Bind”, ソウルフリンジフェスティバル2005, art space Hue, 韓国
ハングル文字にて書道サウンドパフォーマンスを行う。
2006
“Readymade:Map CANADA.KOREA.JAPAN ”, 東京ワンダーサイト, 東京
“circuit-diagram”, Cell Project Space, ロンドン
“ニッポンVS美術”, 大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室, 大阪
2007
“冨永奇昂個展”, CAS, 大阪。
“CITY NET-ASIA 2007”, ソウル市美術館, 韓国。
2009
名港ミュージアムタウン, 名古屋港
2011
Pilot Plant?昭和は遠くなりにけり, CAS, 大阪
2012
日韓交流展 Historical Parade, ソウル市立美術館・南ソウル分館, 韓国/海岸通ギャラリー・CASO, 大阪
2013
Pilot plant/Japanese identity, CAS, 大阪
日韓交流展 Historical Parade, アートラボあいち, 名古屋


top
back

Copyright (C) +Gallery 2003-2013 All rights resereved.